愛媛県美術館の紹介

みる・つくる・まなぶ 愛媛県美術館のご紹介

愛媛県美術館は、来館者の皆様に美術作品を鑑賞すること(みる)、作品を創ること(つくる)、そしてそれらを通して自ら学ぶこと(まなぶ)を楽しんでいただく、参加創造型の美術館として、国指定史跡の松山城跡内に、城郭の景観と調和させて1998年に、開館しました。
愛媛県美術館のコレクションは、その前身である愛媛県立美術館(1970年開館)に始まり、主に郷土作家の作品を収集してきました。そして、1998年11月に愛媛県美術館として再出発するのを機に、モネ、ボナール、セザンヌ等の海外作家の作品や、近代日本を代表する安田靫彦、中村彝等の作品、また現代美術では白髪一雄、靉嘔等の作品も収集し、更に近年は郷土出身作家である杉浦非水、真鍋博、田窪恭治等のコレクションも加わって、現在11,000点余りを収蔵しています。これらのコレクションは常設展示室を中心に「所蔵品による特集展示」として年に5~6回の展示替えを行い、皆様にご紹介しています。

また、学芸員の調査研究の成果を発表する「自主企画展」や、国内を巡回する大規模な展覧会「巡回展」では、時代によって様式や表現も様々に異なる国内外の優れた作品の展示を行い、多様な文化、価値観等をご紹介しています。
そして、国内でも数少ない、利用者各自のペースで自由に創作活動のできる「県民アトリエ」では、版画全般、木工、染織、写真、粘土等の制作を中心とした創作活動のお手伝いを行っています。
愛媛県美術館ではこれらの活動を基本として、来館者の皆様の「みる・つくる・まなぶ」のお手伝いを行い、皆様の生活に身近な美術館となることを目指します。

このページの先頭へ