ブログ

愛媛県美術館開館記念日イベント「俳句コンテスト―美術館を詠もう―」審査結果について 2020年11月22日 (日) イベント,お知らせ

開館記念日イベント「俳句コンテスト―美術館を詠もう―」の審査結果を発表いたします!

 

最優秀賞

鷹尾明美 様  

「未来図にそっと吾置く日の短か」題材番号➁《〔未来のハイウェイ〕》

 

各題材賞

◇『六災図(旱ばつ)』賞  ◇『〔未来のハイウェイ〕』賞

夜見 様    

「秋の浜いずれ己を食う竜よ」

 

友近芙美子 様

「瑠璃に描く未来のクルマ冬日差す」

 

◇『七瀬 時をのぼる』賞

◇『婦人像(ショールの女)』賞

日暮屋又郎 様 

「秋思かもしれぬ船室の丸窓」

 

武井日出子 様

「暗き眼の婦人のまとふ白ショール」

 

◇『水の反映』賞 ◇『恋人達 または、2つのトルソの親密性』賞

栗田好子 様  

「やがて雪舞ふみづうみの黙淡し」

 

住田貴子 様 

触れたくて触れられぬ君冬芽吹く」

 

◇『愛媛県美術館建物を含む風景』賞  

芳谷妙子 様  

「ミュージアムのガラス一面秋惜しむ」 

 

 

審査員賞

◇『館長賞』

瀬戸薫 様   

「水門は湖の臍風光る」題材番号⑤《水の反映

 

◇『キム・チャンヒ賞』

マーペー 様  

「ロボットの支配する世に雨を乞う」題材番号①《六災図(旱ばつ)

 

◇『福谷俊子賞』

長尾英世 様  

「空縦横に未来の街の冬晴るる」題材番号➁《〔未来のハイウェイ〕》

Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.