ブログ

【重要】新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止へのご協力のお願い 2021年6月22日 (火) お知らせ

愛媛県美術館では、新型コロナウイルス感染症について関係諸機関から最新の情報を収集し、展示室では適切な環境を保つため、混雑表示システムを導入するなど、感染予防・拡大防止に努めています。

ご来館の方々は、以下のとおりご協力をお願いいたします。

1 来館時のお願い
下記に該当される方は、ご来館をお控えいただきますようお願いします。
・咳や熱など体調にご不安のある方
・来館日から2週間前までの間に、海外への渡航歴がある方
・緊急事態措置区域、まん延防止等重点措置区域及び感染拡大地域(人口 10 万人当たり 1週間の新規陽性者数が 15人以上の地域)から来県された方
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある場合

2 入館時
・出入口や施設内に消毒液を設置していますので、ご利用ください。
・入館時には、マスクの着用をお願いいたします。
・厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」をご利用ください。
・愛媛県の接触確認システム「えひめコロナお知らせネット」をご利用ください。
・感染防止対策及びえひめコロナお知らせネット利用を呼び掛ける館内アナウンスを実施しています。
・総合案内や改札等では、足場シールを添付していますので、間隔をとってお並びください。
・総合案内や改札等には、ビニールシートを設置しています。
・職員はマスクを着用していますのでご了承ください。
・改札での金銭の授受は、トレーを介して行います。
・展覧会へ入場の際は検温をさせていただきます。
・手洗い、咳エチケットの励行にご協力ください。
・ベンチ、休憩コーナーは間隔をとってご利用ください。
・トイレは蓋を閉めて水をお流しください。
・清掃時には、除菌作業を実施しています。

3 展示室
・当館で新型コロナウイルス感染者が発生する等、利用者の方へのご連絡が必要となった場合に備え、氏名及び緊急連絡先をおたずねしています。
・展示室内では、来館者の方々同士が、十分な距離を保つようお願いします。
・展示案内員が呼びかけをさせていただくことがあります。
・展示室内が混雑し、十分な距離を確保できない場合は、展示室への入室制限を行うことがあります。
・展示ケース、壁面に手を触れるのはご遠慮ください。

4 貸館利用
・講堂・研修室では、前後左右1席空けて着席いただきます。利用者数の上限は次のとおりです。
 講堂:60人(ステージ上5人)
 研修室:28人(講師等2人)
・体調不良の方又は発熱等の方は、利用をご遠慮ください。
・密閉・密集・密接状態にならないように使用することを厳守ください。
・30分に1回程度、扉を開けて換気を行ってください。
・来場者及び主催者スタッフの氏名及び緊急連絡先を把握し、名簿を作成してください。(名簿の作成は事後で可)
  また、こうした情報が必要に応じて保健所等に提供されることを事前に周知してください。
・感染が発生した場合、参加者への確実な連絡と行政機関の調査へご協力ください。
・合唱等を行う場合は、来場者との間隔を2m確保するとともに、演者間の感染リスクを低減するよう にしてください。
・高齢者、持病のある方等、新型コロナウイルスに対してのリスクの高い人の利用はご遠慮ください。

5 講座等
・当館で新型コロナウイルス感染者が発生する等、参加者の方へのご連絡が必要となった場合に備え、氏名及び緊急連絡先をおたずねしています。

6 図書情報コーナー
・愛媛県の新型コロナウイルス警戒レベルが「感染警戒期~特別警戒期間~」に引き上げられたことに伴い、美術情報・図書コーナーの利用を8月1日(日)より当面の間停止します。

7 アトリエ(一般利用)
・当館で新型コロナウイルス感染者が発生する等、利用者の方へのご連絡が必要となった場合に備え、氏名及び緊急連絡先をおたずねしています。
・アトリエ1は5名、アトリエ2は8名の利用上限を設けています。利用にあたっては換気の徹底をお願いします。

8 その他(共通事項)
・新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のためご提供いただく来館者の氏名及び緊急連絡先等の情報は、利用目的以外の目的では利用せず、2週間程度保存し、感染者が発生しなかった場合は破棄します。また、必要に応じ、保健所等に提供されることがありますので、予めご了承ください。

 

Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.