企画展

企画展 培広庵コレクション「美人画」は語る -松園、清方、深水、そして河崎蘭香

「美しい人」と聞いたとき、どのような姿を思い浮かべますか。 その明らかなようでいて、とらえどころのない姿を古今東西多くの画家たちが追い求めてきました。日本においては、古から描かれてきた女性像の流れを汲む、日本独自の絵画ジャンルである「美人画」が明治以降に確立されていきます。 本展では、ひとりのコレクターの審美眼を通して形成された明治・大正・昭和の美人画コレクションから、巨匠と謳われた上村松園、鏑木清方、伊東深水をはじめ、大阪で活躍した北野恒富や島成園、大正デカダンスを代表する岡本神草、北陸を拠点とした紺谷光俊といった「美人画」の豊饒さを伝える多彩な画家の秀作約80点を展覧します。また、松園と同時代に活躍しながらも若くして亡くなった、八幡浜出身の閨秀画家、河崎蘭香(明治15-大正7)の作品を同時にご紹介し、「美しさとは何か」という普遍的な問いに迫ります。

主   催 : 「美人画」は語る展実行委員会(愛媛県、テレビ愛媛)
特別協力 : ヤマトロジスティクス株式会社
協   力 : 呉服.花嫁衣装Ikeda&Co
後   援 : 松山市、松山市教育委員会、愛媛県市町教育委員会連合会、(公財)愛媛県教育会、愛媛県教育研究協議会、愛媛県小中学校長会、 愛媛県PTA連合会、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟、愛媛新聞社、NHK松山放送局、南海放送、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛

会期

平成29年7月26日(水)~9月4日(月)

休館日

月曜日(8月7日(月)は開館、翌8日(火)が休館)
※当館は、第一月曜及び月曜にあたる祝日を開館し、翌日を休館としております。

開館時間

9時40分~18時(入場は17時30分まで)

観覧料金

観覧料 当日券 前売券
大 人 1,200円 1,000円
高大生 800円 600円
小中生; 600円 400円

※団体(20名以上)、満65歳以上の方は前売料金で当日入場できます。満65歳以上の方は生年月日がわかるものをご呈示ください。
※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料で入場できます。障がい者手帳等をご呈示ください。
※企画展半券で所蔵品展もご覧いただけます。

和装de割引:会期中、着物や浴衣でご来館のお客様は300円割引でご入場できます。(割引対象は当日券のみ)

前売り券販売所

愛媛県美術館(ミュージアムショップ)、テレビ愛媛事業部、いよてつ高島屋、フジグラン(エミフルMASAKI、川之江、新居浜、西条、今治、松山、重信、大洲、北浜、北宇和島)、コープえひめ生活文化サービス、明屋書店県内全店、ジュンク堂書店松山店、ローソンチケット(Lコード61742)、チケットぴあ(サークルK、サンクス、セブン-イレブン〈Pコード768-374〉)、他 ポスタ―掲示場所

関連プログラム

  • 1  オープニング・イベント コレクター・トーク
    「美人画コレクションの四方山話」 ・日時:7月26日(水) 11時~12時 ・場所:企画展示室 ・お話:培広庵 ・定員:約30名(先着順) ※美術館(電話:089-932-0010)にお申込ください、要観覧券
  • 2 特別公演「松山芸者による舞と謡とお話と」
    描かれた芸妓の「美しさ」を演舞とお話でお伝えします。 ・日時:8月6日(日) 14時~ ・場所:エントランス/企画展示室[お話] ・出演:とん子、千代鷺、八千代鷺 ※[お話]のみ企画展観覧券が必要
  • 3  記念講演「美人画にみる描かれたファッション」
    ・日時:8月19日(土) 14時~ ・場所:講堂 ・講師:宮本いづみ(高知県立高知城歴史博物館 学芸員)
  • 4 特別イベント「きものが語る いつ?どこで?だれが?」
    知っているようで知らない着物のこと、実際にみて、ふれてから作品を鑑賞します。 ・日時:8月4日(金)、23日(水) 各13時~ 8月5日(土)、24日(木) 各11時~ ・場所:エントランスホール/企画展示室[トーク] ・講師:池田由香里(呉服・花嫁衣裳Ikedea&Co) ※[トーク]のみ企画展観覧券が必要
  • 5  関連講座
    ①「古今東西の美人にきく」 ②「八幡浜出身の“閨秀画家”河崎蘭香と“美人画”」 ・日時:①8月26日(土) 14時~ ②9月2日(土) 14時~ ・場所:ハイビジョンギャラリー ・講師:当館学芸員 ※参加無料
  • 6 学芸員によるフロアレクチャー
    ・日時:7月29日(土)、9月3日(日) 各14時~ ・場所:企画展示室 ※企画展観覧券が必要
  • 7  たんけんはっけん「美人?!」の絵
    ・日時:会期中8月の毎週日曜日 各10時30分~15時 ・場所:企画展示室 ※企画展観覧券が必要
Copyright c The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.