コレクション展

概要

 ◆ 2021年4月3日(土)~4月14日(水)
 上田星邨コレクション特別公開 ―藤原定家「明月記」を中心に―
 当館ではこのほど、本県伊方町出身の書家・上田星邨(1896‐1988)が収集した書画コレクションの寄贈を受けました。新出資料となる藤原定家の日記「明月記」の断簡をはじめ、ユニークな内容のコレクションを特別公開します。
 ◆ 2021年4月20日(火)~7月11日(日)
 令和2年度新収蔵品展
 昨年度、購入や寄贈により新たに美術館で収蔵した作品をお披露目展示いたします。
出品作家:畦地梅太郎、真鍋博、石本藤雄ほか
 ◆ 2021年7月17日(土)~10月4日(月)
 森のなぞなぞ美術館Ⅱ ―木の版画はおもしろい!―
 アートの森プロジェクト第2弾。今回は木版画の森の中をじっくり探検します。
出品作家:畦地梅太郎、橋本興家、土居明生ほか
 ◆◆ Ⅰ 2021年4月20日(火)~7月11日(日)
 ◆◆ Ⅱ 2021年7月31日(土)~9月20日(月・祝)
 コレクション・ハイライト
 当館のコレクションは、前身である愛媛県立美術館(1970年開館)に始まり、郷土作家を中心に国内外のさまざまな作品を収集してきました。現在ではヤク12,000点にのぼるコレクションを収蔵しており、これらは年に4~5回の展示替えを行いながら、コレクション展で皆様にご紹介しています。
今年度から、当館コレクションの特色や魅力をより楽しんでいただけるよう、新たに「コレクション・ハイライト」のコーナーを設けます。杉浦非水、真鍋博、畦地梅太郎ら当館コレクションを代表する作家の作品や海外作品をはじめ、当館自慢の名品・逸品をご覧いただけます。

2021年度スケジュール

コレクション展

 4月3日(土)~4月14日(水) 上田星邨コレクション特別公開 【観覧無料】
 4月20日(火)~7月11日(日) 令和2年度新収蔵品展
 7月17日(土)~10月4日(月) 森のなぞなぞ美術館Ⅱ
 ー木版画はおもしろい―

 

コレクション・ハイライト

 Ⅰ 4月20日(火)~7月11日(日)
 Ⅱ 7月31日(土)~9月20日(月・祝)

 

開館時間

9時40分~18時(入場は17時30分まで)

観覧料金

観覧料 一 般 団 体
大 人 330円 260円
高大生 220円 170円

次の方は、コレクション展観覧料が無料となります。
A:未就学児及び小中学生
B:満65歳以上の方(要証明書提示)
C:療育手帳をお持ちの方(要手帳提示)
D:身体障害者手帳をお持ちの方(要手帳提示)
E:精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方(要手帳提示)
F:企画展チケットをお持ちの方

※詳しくは美術館へお問い合わせください。

Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.