企画展

生誕200年 三輪田米山展 ―天真自在の書―

三輪田米山(みわだ・べいざん/1821~1908)は、伊予松山の日尾八幡神社の長男に生まれ、その生涯を此地で神官として過ごしました。神職のかたわら、和漢のあらゆる学問を修め、書を書き、歌を詠み、そして酒を愛した人でした。書においては王羲之(おうぎし)を理想にかかげ て独自の書風を確立しましたが、特に酔余の書は生前から伊予一円に高い評判を呼びました。何物にも捉われない天真自在のその書は、「近代書の先駆」として今なお独 自の輝きを放ちます。 本展は、米山生誕200年という大きな節目に、見る者を圧倒し、驚かせるその唯一無二の作品を一堂に紹介するものです。今日の米山評価を決定的なものとした大阪の実業家・山本發(はつ)次郎(1887~1951)の収集品(大阪中之島美術館所蔵)が31年ぶりに松山にまとまって里帰りするのをはじめ、県内外に伝わる代表作の数々、神名石(しんめいせき)・ 注連石(しめいし)の拓本、幟などを通して、米山芸術の尽きない魅力に触れていただく機会となれば幸いです。

主  催: 愛媛県美術館
共  催: 愛媛新聞社
特別協力: 大阪中之島美術館、日尾八幡神社、三輪田米山顕彰会
企画協力: 服部一啓(福岡教育大学教授)
協  賛: 大一ガス株式会社
後  援: 松山市、松山市教育委員会、愛媛県神社庁、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟、朝 日新聞松山総局、読売新聞松山支局、毎日新聞松山支局、産経新聞社、NHK松山 拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、 FM愛媛、えひめリビング新聞社
助  成: 芸術文化振興基金、(公財)花王芸術・科学財団

>プレスリリース

         

会期

2021年10月2日(土)~11月30日(火)

休館日

月曜日 ただし、10/4(月)、11/1(月)は開館し、10/5(火)、11/2(火)は休館。
※会期中、一部作品の展示替えがあります。

開館時間

9時40分~18時(入場は17時30分まで)

観覧料金

観覧料 当日券 前売券 団体
一 般 1,000円 800円 800円
高大生 500円 300円

※満65歳以上の方は当日900円でご入場いただけます。年齢の分かるものをご呈示ください。
※20名以上の方は団体料金でご覧になれます。
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料です。
※第70回秋季県展の観覧券をお持ちの方は、団体料金でご入場いただけます。
※企画展半券でコレクション 展もご覧いただけます。

前売券販売所(販売期間9月2日~10月1日)

愛媛県美術館(本館ミュージアムショップ、南館ふれあいアートセンター)、愛媛県歴史文化博物館ミュージアムショップ、愛媛県総合科学博物館ミュージアムショップ、三輪田米山顕彰会事務局(取り寄せ)

関連プログラム

※申込み方法:(1)、(3)は当館電話・FAX・HP(お問い合わせフォーム)で当館までお申込みください。

※新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のため、イベント等の中止・変更の可能性があります。その場合は美術館ホームページで随時お知らせします。また、やむを得ず、展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合がありますので、ご了承ください。

  • (1)記念シンポジウム 「米山、その人と芸術-未来へ語りつぐ評価と魅力」
    基調講演および、シンポジウムを開催いたします。シンポジウムでは、未来へ継承すべき三輪田米山の評価と魅力について討論します。
    日時=10月3日(日)14時~15時30分(受付13時30分~)
    場所=講堂
    登壇者=講師 服部一啓氏(福岡教育大学教授)
        パネリスト 服部一啓氏(福岡教育大学教授)
              長曽我部延昭氏(伊豫豆比古命神社名誉宮司)
              河野隆志氏(書家)
        コーディネーター 長井健(当館専門学芸員・担当係長)
    定員=60名
    料金=無料
    ※要事前申し込み
    ※定員となりましたので、受付を終了しました。
  • (2)連続講座「米山の書は、どう見れば面白い?」
    日時=11月6日(土)、20日(土)各回14時~15時
    場所=本館2階研修室
    講師=長井 健(当館専門学芸員・担当係長)
    定員=20名
    料金=無料
    ※申込不要
  • (3)親子ワークショップ「大きな紙に大きな字を書こう」材料を用意しておきます。自由に書いてみましょう。
    日時=白に黒Ver. 10月3日(日)、17日(日)、31日(日)
    黒に白Ver. 10月10日(日)、24日(日)
    各日①10時30分~11時30分 ② 14時~15時
    場所=南館アトリエ2
    定員=各2組(一般の方1名からでもご参加いただけます。)
    材料費=400円程度
    ※要事前申し込み
  • (4)対話型鑑賞プログラム
    日時=10月10日(日)、24日(日)、11月7日(日)、21日(日)各日11時~11時30分
    場所=本館2階研修室
    ナビゲイター=当館作品ガイドボランティア
    定員=20名
    料金=無料
    ※申込不要
  • 連携事業
    ※最新の開催状況は、各所へお問い合わせください。
    ◎「米山生誕二百年記念シンポジウム」
    愛媛大学南加記念ホール 10月23日(土)
    問い合わせ先:愛媛大学地域連携推進室(089-927-8512)

    >愛媛大学 俳句・書文化研究センター

  • ◎「三輪田米山×小池邦夫in坂の上の雲ミュージアム」
    松山市坂の上の雲ミュージアム 9月28日(火)~11月28日(日)
    問い合わせ先:三輪田米山生誕二百年記念事業実行委員会事務局
    (特別展担当:坂の上の雲ミュージアム089-915-2601)

    >坂の上の雲ミュージアム

Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.