企画展

瀬戸内海国立公園指定90周年 わたしのうみ ART/LIFE

瀬戸内海は、「我が国の風景を代表するに足りる傑出した自然の風景地」として1934年に日本初の国立公園のひとつとして指定され、2024年3月16日に指定から90周年の節目を迎えます。 本州、四国および九州により囲まれた日本最大の内海である瀬戸内海には、700を超える大小さまざまな島々が点在しており、この多島美からなる風景や、そこから生まれた豊かな資源は、美術に限らず、私たちの暮らしにも大きな影響を与えてきました。本展では、その歴史を語る絵画作品をはじめ、身近な民藝や建築の仕事についても紹介します。時代や分野を越えてつながる瀬戸内海の魅力について、ひとりひとりが「わたしのうみ」として思い見る機会となれば幸いです。 また、多角的な理解を深めるために、資料や研究調査成果を共有しながら、県の歴史文化博物館および総合科学博物館においても同時期に瀬戸内海に関する展示を開催いたします。

主  催: 愛媛県美術館
共  催: 愛媛新聞社
助  成: 文化庁 令和5年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業
後  援: 中国四国地方環境事務所四国事務所、朝日新聞松山総局、読売新聞松山支局、毎日新聞松山支局、産経新聞社、NHK松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛、えひめリビング新聞社

English

出品リスト(PDF)

プレスリリース

 

  

 

 

会期

2024年2月7日(水)~2024年3月24日(日)

休館日

2月13日(火)、19日(月)、26日(月)、3月5日(火)、11日(火)、18日(月)、25日(月)

開館時間

9時40分~18時(入場は17時30分まで)

観覧料金

観覧料 個人料金 団体料金
一 般 900円 800円
65歳以上 800円 700円
高大生 500円 400円
小中生 300円 200円

※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料です。
※満65歳以上の方は、年齢の分かるものをご提示ください。
※団体料金は20名以上で適用されます。
※当日に限り、本展観覧券の呈示で「コンドウアキのおしごと展」が100円引きでご観覧いただけます。

関連プログラム

  • 【トーク、レクチャー】
    1)県立3ミュージアム連続講座
    90周年を記念して、県の総合科学博物館・歴史文化博物館・美術館の3館で同時期に瀬戸内海展を開催します。3館独自の視点から連続レクチャーを開催します。

     時間:13時30分~15時
     場所:研修室
     予約不要。先着各60名。
    ○「地質学からみる白砂青松の風景」2月25日(日)
     講師:山根勝枝専門学芸員(愛媛県総合科学博物館)
    ○「瀬戸内海をとらえた作家たち」3月2日(土)
     講師:喜安嶺主任学芸員(愛媛県美術館)
    ○「歴史からみる瀬戸内海トラベル」3月9日(土)
     講師:甲斐未希子主任学芸員(愛媛県歴史文化博物館)
  •  
    2)民藝トーク
    本展でご紹介する、倉敷の民藝のつくり手による対談を展示室内の作品前にて開催します。

     日時:3月20日(水・祝) 14時~15時
     場所:企画展示室
     講師:小谷栄二(倉敷ガラス)、瀧山雄一(倉敷緞通)
     予約不要。要観覧券。
  • 3)せとうち夜話
    飲み物を片手に様々な分野で活動するゲストを迎え、瀬戸内海の魅力について、気軽なおしゃべりをお送りします。

     時間:18時~19時
     場所:ミュージアムカフェ
     ※要予約。1ドリンク制。先着各20名。
    ○ブック・写真編 3月1日(金)
     越智政尚(本の轍主宰)×宮畑周平(瀬戸内編集デザイン研究所代表)
    ○デザイン・クラフト編 3月22日(金)
     井上真季(本展デザイナー)×門田真記子(工芸ロサ店主)

  •  
  • 【ワークショップ】
    1)線で描く海[公開制作+WS]
    本展出品作家shunshunが1本の線から海を描く様子を公開します。また、その線の魅力に迫るワークショップを実施します。

     日時:2月11日(日)
        ①11:00-12:00(公開制作)
        ②13:30-16:00(ワークショップ) 
     場所:①エントランスホール ②展望ロビー
     講師:shunshun(素描家)
     材料費:2,500円程度
     ※WS参加者は要予約。先着12名(15歳以上)。
  •  
    2)ちりめんモンスターinケンビ
    瀬戸内海で採れるちりめんじゃこの中にかくれたモンスター(小さな生き物)を探して、レジンの中にとじこめて持ち帰ろう!

     日時:2月17日(土)13:30-15:00
     場所:エントランスホール
     講師:小林真吾専門学芸員(愛媛県総合科学博物館)
     材料費:300円程度
     ※予約不要。随時受付。
  • 3)「藍染」ワークショップ
    民藝品「伊予絣」の染めについて理解を深める藍染体験。バッグを藍で染めて持ち帰ります。

     日時:2月23日(金・祝)
        ①10:30-11:30 ②14:00-15:00
     場所:南館 アトリエ2
     講師:田代亜矢子専門学芸員(愛媛県美術館)
     材料費:400円
     ※要予約。随時受付。
  • 4)県立3ミュージアムコラボ
    ビーチコーミング観察会+ワークショップ
     

     日時:2月24日(土)13:00-16:00
     場所:扶桑会館(伊予市)<現地集合・解散>
     講師:3館学芸員
     材料費:300円程度
     ※要予約。先着10名。
  • 【体験】
    1)民藝と建築ツアー
    瀬戸内海建築憲章を提唱したひとり、浦辺鎮太郎設計の「愛媛民藝館」と「西条栄光教会」をめぐります。民藝館では鑑賞とお買い物もでき、教会では建築の魅力に迫るレクチャーと、見どころ満載のツアーです

     日時:3月23日(土)13:00-15:00
     場所:愛媛民藝館(西条市)ほか<現地集合・解散>
     講師:曲田清維(愛媛大学名誉教授)
        和田耕一(設計士)
     参加費:500円程度(入館料込)
     ※要予約。先着20名。
  •  
    2)たんけん?はっけん!瀬戸内海
    指令書を手に、展示室のナビゲイターと一緒に作品の謎に迫ります。

     日時:3月3日(日)、10日(日)、17日(日)、
        24日(日) 
        各日10:30-14:30
     場所:企画展示室
     ナビゲイター:作品ガイドボランティアほか
  • 【会期中の催し】
    ◎ポップアップストア
    美しい手仕事の品々を取り扱う「工芸ロサ」のサテライト店が、エントランスホールにオープン!砥部焼や倉敷ガラスなどをお手にとってゆっくりご覧ください。

  •  
    ◎コラボメニューの提供
    当館カフェにて、本展コラボメニューを砥部焼の器で提供いたします。ぜひご賞味ください。

  • 【同時開催】瀬戸内海国立公園指定90周年 展覧会
    来島海峡と潮流信号所

     会場:愛媛県総合科学博物館
     会期:2024年2月17日(土)~4月7日(日)
     

    公式サイト

  •  
    瀬戸内海ツーリズム

     会場:愛媛県歴史文化博物館
     会期:2024年2月17日(土)~4月7日(日)
     

    公式サイト

 
Copyright © 2017 The Museum of Art, EHIME (JAPAN) All Rights Reserved.